ごあいさつ

代表の行政書士・社会保険労務士 加藤 達哉です。

ホームページにお越しくださいまして、ありがとうございます。

当事務所は、和歌山県北部中心に、行政書士・社会保険労務士として

離婚に関するご相談・遺言書作成に関するご相談をメイン

提供させていただいております。

一般的に、離婚相談・遺言書作成の相談の際に思い浮かぶのは、居住地の市役所で案内される広報の法律相談が一般的です。

ですが、先着5名様・お一人30分以内などの制限がある等という問題がありました。

日常生活で法律的な問題など無縁な生活をおくられてこられた方に、

30分以内で要領よくまとめて、論点だけを述べて回答を貰うなどという事は、かなりの無理があります。

また、専門士業の方の中には、時間給単価で計算される事務所もあります。

そのようなご自身の重要な分岐点を時間を気にしながらの相談ですと、

ご自身の言いたいことも十二分に言えず終わってしまいます

その点当事務所の料金システムは、当初に報酬上限額を決めて相談回数・相談時間に制限を設けない特徴を持っているため、時間を気にしてご自身の伝えたい事を十二分に伝えられないという問題を解決することができます。

当事務所の相談回数・相談時間を無制限にする事により、お客さまの言いたいことを十二分に反映させた解決方法のご提供をかなえることができますので、きっとご満足いただけることと思います。

当事務所のサービスが御社のお役に立てることを願っております。

→ 代表者ごあいさつはこちら

当事務所の特徴

特徴1

相談回数・相談時間に上限を設けない

当事務所は、創業から依頼人の話をよくお聞きする事をコンセプトにしております

インターネットに特化した事務所ではなく、対面相談を原則としております。

離婚などに至った経過や遺言書作成で本当に伝えたい思いなども、報酬に上限を設けて

相談回数・相談時間に上限を設けない当事務所の特徴です。

特徴2

ご相談者のもとに出張相談いたします

当事務所は、ご相談者のもとに出向くことを基本にしています

離婚相談や遺言相談などでは、やはりご自身がリラックスして話せる環境が一番です。

それは、やはりご自身の自宅やご指定の場所ですので、ご指定の場所での出張相談します。

特徴3

時間をかけて、ていねいにご説明します

ひとりひとりのお客さまに対して、たっぷりと時間をとり、ていねいにわかりやすくご説明させていただきます。お客さまが納得できないまま、お話を進めることはありませんのでご安心ください。

→ 当事務所の特徴について詳しくはこちらへ

サービスのご案内

当事務所がご提供するサービスのご案内です。詳細については下記をクリックしてご覧ください。

離婚相談
 
離婚協議書作成
 
医療保険相談
 
年金相談
     

★★離婚の際には、決めることが、多くあります。★★

→ 詳しくはこちら

 

★★後日の紛争に備えて、書面にて作成しましょう★★

→ 詳しくはこちら

 

★★離婚により今までの医療保険制度から変更あります。忘れずに手続きをしましょう★★

→ 詳しくはこちら

 

★★専業主婦の方など、自分で年金を払う手続きなど忘れずにしましょう★★

→ 詳しくはこちら

 

遺言書作成・相談
 
相続相談
 
その他のサービス
 
料金について
     

★★ご自身の最後に伝えたい事を遺言書で作成★★

→ 詳しくはこちら

 

★★身内がお亡くなりになり、何から手続きしたら困っている★★

→ 詳しくはこちら

 

★★建設業許可申請、労働保険・社会保険加入手続き、就業規則のご相談★★

→ 詳しくはこちら

 

★★料金表★★

→ 詳しくはこちら

お問合せ・ご相談はこちら

離婚に関するご相談、遺言書作成に関するご相談等について、ご不明点などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームよりお気軽にご相談・お問合せください。

  • 結局費用はいくらかかるの?
  • 子供の氏や養育費は、どうなるの? 
  • 相談だけで、依頼するか決めてないんだけど大丈夫?
  • 養育費が支払われない場合はどうなるの?
  • 財産分与と慰謝料の違いは?


お気軽にご連絡ください。

といったお悩み相談でも構いません。

あなたさまからのお問合せをお待ちしております。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

TEL :0736-36-5688
080-3826-6091 (ソフトバンク携帯)

受付時間:9:00〜17:00(土日祝日は除く)

→ お問合せフォームはこちらへ

お役立ち情報

 

離婚・遺言・相続についてのお役立ち情報です。
どうぞご参考になさってください。

→ 失敗しない離婚手続き
→ 遺言書作成入門
→ よくある相続トラブル

▲このページのトップに戻る